風俗の裏に涙あり

案外簡単なことなんだなって

女性という存在が日に日に遠いものになっていくのを感じていました。職場には女性はほとんどいません。つまり、日常生活の中で女性と接することがなかったんです。「いつかは出会いもあるだろう」なんて暢気なことを思っていましたけど、出会いどころか接点そのものさえないんです。とりあえず恋人が欲しいとかじゃなく、女性と遊びたい。そんな低い目標になっていたものの、それさえもかなわない日々に自分でもどうすれば良いのか本当に悩んでいたんですよね。そこでとりあえず風俗にでも以降かなって思ったんです。出会い云々ではなく、女の子と遊びたいなって思ったんです。性的なこともしないと、自分が男であることを忘れてしまうかなって。風俗そのものはかなり昔に何度か足を運んだ程度だったので、今の時代の風俗がどのようなものになっているのかをホームページで改めて確認してみたんですけど、自分が遊んでいた時代よりも全然違うなって。とにかく女の子が美人でした。

若い子だからとて侮れませんね

一般的に、若い子は若さと言う勢いがあり、ベテランになると経験に基づいた確かな技術が出てくるものです。これは風俗だけじゃなく、どの世界にも言えますよね。風俗の場合は特にその傾向が顕著かもしれません。男が若い風俗嬢が好きなのもあるので、ベテラン側としては若い風俗嬢に無いもので勝負しなければなりませんしね。でも、これも今は昔な話なのかもしれません。なぜなら、今の若い女の子は風俗嬢になる前の時点でそれなりに経験しているってことなんでしょうね。この前遊んだMちゃんもそうでしたけど、若いけど、テクニックに関しては全然問題ないというよりも、とにかく素晴らしいものでした。そのテクニックはまるで人妻や熟女を思い起こさせるものでしたね。まだまだ若い風俗嬢なのに、あれだけのことが出来るのはお店の教育だけではないと思うんですよ。それなりに遊んだ経験があるからこそ、あそこまで出来るんじゃないかなって睨んでいるんですよね。