風俗の裏に涙あり

前のめりでもいいじゃないですか

「前のめり」と聞くと「必至だな」とか「一生懸命すぎる」と思われるかもしれません。でも、前のめりは何も悪くはありません。むしろ風俗のように楽しみたいって思うものであれば、ン自らの意志で前のめりになってもっともっとがっつりと楽しむべきものなんじゃないかなって思いますよね。自分も風俗で遊ぶ時にはいつもそんな気持ちを持って楽しむようにしているんです。誰かにあれこれ言われるようなものではなくて、自分から積極的に楽しみたいなって。それくらいしてこそ、風俗はもっともっと楽しめるものになるんじゃないかなって思うんです思うんですよね。だから風俗では、前のめりになって自分から積極的にいろんなことを楽しめればなって思っているんです。それくらいしてこそ、より楽しめるし、遠慮なんかしていてもかえって勿体ないんじゃないかなって思うんですよね。自分が楽しみたいように楽しむこそこそ、風俗で満足するための秘訣なんじゃないかなと。

結局、風俗は性感マッサージかな

いろんな風俗のお世話になってきたんですけど、結局の所性感マッサージが一番かなと。性感マッサージが一番と言うのはあくまでも自分の価値観と言うか「自分にとって」の一番なのは強調させてもらいますが、これは少し考えれば党是なんです。なぜなら、自分が風俗に求めているのはいわば快感なんですけど、与えられる快感こそ最高なんです。別に女の子を攻めることに対してはさほど興味は無かったりするんですよ(笑)攻めるのが好きな人にとっては信じられない話かもしれないんですけど、自分は別に女の子を攻めることに興味がないんです。むしろ女の子のテクニックをもっともっと堪能したいって思っているので、それなら性感マッサージが結局の所、一番自分にフィットしているんじゃないかなって思うんですよね。だから自分同様、攻められるのが人にとっては性感マッサージは唯一無二と言っても良いくらい、特別な風俗になるんじゃないかなって思いますけどね(笑)