風俗の裏に涙あり

決して悪くないと知った貧乳ボディ

今はどの風俗店でもジャンルを問わずにホームページを持っているだけに、遊ぶ前の段階で風俗嬢のスタイルもある程度分かるじゃないですか。顔出しNGの所であっても、スタイルは何となく分かりますよね。むしろ顔でアピールできない以上、スタイルでアピールするしかないじゃないですか。それらを見ると、最近の風俗は本当に巨乳の子が増えているなってことに気付かされるんですけど、でも貧乳も悪くないなって。そう思ったのはいつだったか貧乳の風俗嬢と楽しんだ時のことなんですけど、相当楽しい時間になったからこそです。特に感度ですね。貧乳の感度は想像以上に素晴らしいです。だから攻めていると本当に楽しいです。しかも反応がリアルというか、貧乳を攻めていると腹筋に力が入って行くのが分かりましたし、さらには足までソワソワさせるし。貧乳を攻めるだけでそこまで反応してくれるのかってくらい、かなり反応してくれるので、攻めていると楽しいんですよ。

貴重な子だと感じたあの子

風俗嬢もまさに十人十色と言うか、本当にいろんな子がいます。二人として同じ子はいないし、それに思ったのは風俗って広い意味ではサービス業なんですよね。それだけに、風俗って自分に尽くしてくれるのは当たり前なんですけど、尽くし方だって人それぞれ違うじゃないですか。得意な技もあれば、プレイスタイルだって結構違うじゃないですか。オンとオフを切り替えている子もいれば、逆にあまりそういったことを意識せず、素のキャラクターというかあまり意識せず、ありのままで接してくれる風俗嬢もいます。これに関しては、どちらが正しいとか間違っているとかではないんですよね。自分が求めている風俗嬢を選ぶ。これが大切なことなんじゃないかなって思うんですよ。だからこそ、風俗を楽しむ時には相手のキャラクターというか、どんな相手なのかくらいは調べるようになりましたね。調べないのもそれはそれで楽しいんですけど、分かっていた方がやりやすいのは事実ですし。