風俗の裏に涙あり

満足がどこにあるのかと言えば風俗です

日常生活の中で満足感を得る機会が少ないって嘆いている人もいるかもしれないんですけど、自分に関してはそうでもないですね。なぜなら、満足出来る所があると分かっているからです。それだけで十分かなって思うんですよね。それは風俗です。文面から察しが付いていたという人もいるかもしれませんね(笑)男にとって、風俗の存在そのものがとても貴重なものです。風俗には求めているものが全てあると言っても過言ではありませんし、風俗があるからこそ、自分ももっともっと楽しめるし、女の子なんていなくとも、別に恋人づきあいしなくとも女遊びが出来る風俗の存在に助けられている人は多いんじゃないのかなって思うんですよね。自分もそうなんですけど、別に女の子とデートをしたいとかじゃないんです。ただ単に、女体を貪りたいとか、女の子に抜いてもらいたいってだけなので、そんな自分には風俗があれば良いですし、風俗こそ求める満足が待っているなって。

ソープの回数が急上昇中

最近自分の中でソープの回数がものすごい勢いで増えて行っているんですよね。その理由はいくつかあるんですけど、やっぱりソープが風俗では別格だからかなって。それを自覚するようになってきたんです。若い頃はソープよりもむしろ他の風俗で抜ければ良いって思っていただけなんですけど、最近では女の子との存在感をがっつりと楽しみたいので、ソープの方が女の子の個性まで楽しめるなって思えるようになってきたんです。つまり、ソープというジャンルそのものの魅力もあるんですけど、それだけじゃなくて自分自身がソープの良さを理解出来るようになってきたからなのかなって。それがあるので、ソープでは自分もまた、いろいろな形で楽しませてもらうようになりました。例えば何をされるでもなく、まったりと会話をしているだけでもそれはそれでとっても楽しいなって思いますし、自分のために尽くしてくれるソープ嬢の存在は、他の風俗以上に自分の心に突き刺さるものがありますし。