風俗の裏に涙あり

出張で風俗。これ、定番ですよね

出張した時に風俗で遊ぶのは、おそらく出張族と言われているサラリーマンにとっては定番の行為なんじゃないですかね。中には出張したから風俗で遊ぶんじゃなくて、風俗で遊びたいから率先して出張を引き受けているサラリーマンもいるかもしれないですよね(笑)出張は出張でも宿泊する場合、夜は自由時間と言うか、あくまでも仕事の時間は仕事ですけど、ホテルに戻ったらそこからはプライベートの時間。そこで何をしようともあれこれ言われることはないというか、基本的に自己責任ですしね。だから風俗でっていう気持ちになるのは、男としての本能そのものなんじゃないのかなって思いますね(笑)むしろそれの何が悪いのかって話ですよ(笑)何も悪いことをしている訳ではないと思いますので、風俗って本当に楽しい世界だよなってことをいつも実感させられています。そもそも出張が嫌じゃないって思うようになったのも、結局は風俗のおかげでもあるので後輩にも伝えたいですね(笑)

人妻という「無難」な選択肢

人妻風俗嬢こそ、「無難」な選択肢何じゃないのかなと常々思います。風俗の世界にはいろんな女の子がいます。その中から自分が遊ぶ女の子を一人だけ選ぶのは簡単ではありません。選ぶ基準は人それぞれですし、自分が風俗気分になった時に出勤なのかどうかや、人気次第では予約が埋まってしまいますので、遊びたいと思っても遊べないケースもあります。それだけに、「選ぶ」こともまた、満足出来る風俗の時間を過ごすためにはとっても大切なことだろうって思いますけど、人妻という存在にしておけば町が無いんじゃないのかなって気持ちは強いです。今の時代の人妻って、一昔前とは比べ物にならない程、心身ともにハイレベルですよね。それこそ見た目だけでは人妻だとは思わないような若々しい人妻風俗嬢も増えていますが、そんな若々しい人妻でもこちらへの細かい気遣いは健在です。それらを楽しんでいると、やっぱり人妻にしておくのが無難だよなって気持ちになるんです。